IMG_6420 鳥取商工会議所主催のとっとり創業塾ビジネスプラン作成編が7月29日(土)から、鳥取市本町3丁目の鳥取商工会議所で始まり、中国学園大学准教授の佐々木講師から創業に対する心構えや心理学に基づいたマーケティングの戦略などについて学びました。
 「創業塾」は、少子高齢化・人口減少などの社会問題により企業数が減る中、次世代を担う経営者の創出を図るために創業希望者を対象に鳥取商工会議所が平成11年から実施している事業で、創業塾を通して創業に対する知識や技術を習得し受講者自身が思い描いているビジネスプランをペーパーに具現化することができる研修です。IMG_6439
 研修初日は、創業の心構えを佐々木講師から聞いたほか、実際に鳥取市内で起業した㈱太陽の加藤寛社長、㈱LASSICの原田文恵取締役、ボタニカルアーティストの古田梛央さんから、起業して良かったことや苦労話などの体験談をディスカッション形式で聞き、創業に対する心構えについて助言を受けました。
 その中で㈱LASSICの原田さんは「生活の仕方や働き方に自由度が増す」と起業により得られたメリットを指摘。その一方でボタニカルアーティストの古田さんは「起業時の情熱を維持するのは大変で、何のために創業したのかをはっきりさせることが重要」と起業後のメンタル面の大変さをアドバイスしていました。過去に創業塾を受講した㈱太陽の加藤さんは、「経営者は24時間働いているような感覚はあるがサラリーマン時代とは違う点として仕事相手を自分で選べる点は良かった」と労働環境を経営者自身で確立できるメリットを挙げていました。
IMG_6446 翌日の30日(日)には心理学に基づいた価格設定やチラシの作成の仕方など訴求力を高めるためのテクニックを学びながらケーススタディ形式でのグループディスカッションなどが行われました。
   この創業塾は次週の8月4日(土)、5日(日)も開催され、最終日には受講者のビジネスプランを描き上げプレゼンテーションが行われます。

 

 

 


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について