20170606流通部会総会・オープンセミナー 010 鳥取商工会議所流通部会(嶋田耕一部会長)主催のオープンセミナーが6月6日(火)、鳥取市本町3丁目の当所ビルで開かれ、大相撲の実況などで活躍した元NHKアナウンサー・藤澤武氏が「放送こぼれ話」と題して講演しました。

 藤澤氏は1970年に初任地の鳥取放送局に赴任して以来、44年間にわたり全国の放送局でアナウンサーとして活躍。このうち23年間は大相撲の実況を担当し、春・夏の高校野球ではテレビ、ラジオを通じて計63試合を実況するなど、”スポーツの藤澤”として全国のファンを魅了してきました。現在は鳥取市鹿野町に居住しています。

 講演で藤澤氏は、大相撲や高校野球の中継の裏話を交えながら「スポーツアナウンサーはセンテンスを短くしてしゃべっている。あー、うー、えーなど、あ行をなくするだけですっきりしてくる」と話し方のポイントを解説。「人が集中して話を聞けるのは1分30秒からせいぜい3分まで」というNHKの先輩・鈴木健二アナの教えを披露し、「人前で話すときはメモを見ず、自分の気持ちを表すことが感動を呼ぶスピーチになる。文章を書く際もワンセンテンスを30字以内にすると、一息で読むことができる」と指摘しました。

 オープンセミナーには流通部会や他の部会から約50人が出席し、大相撲などのエピソードを交えたユーモアたっぷりの講演に聴き入っていました。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について