20170201-02鳥取・姫路経済交流会 006鳥取商工会議所工業部会(森下哲也部会長)と姫路商工会議所機械金属工業部会(柴田和久部会長)の経済交流会が2月1、2の両日、鳥取市を会場に開かれ、意見交換会や企業視察でものづくり企業同士の交流を深めました。

両部会の交流は、中国横断道路・姫路鳥取線の開通を見込んで2000年度から始まり、相互に訪問しながら今年で9回目となります。

初日の1日(水)は午後4時から鳥取市本町3丁目の鳥取商工会議所ビルで意見交換会が行われ、姫路側から柴田部会長が社長を務めるアークハリマ㈱など11社、鳥取側から安田晴雄副会頭が会長を務める安田精工㈱など16社と鳥取市の担当者が出席しました。

意見交換会では森下部会長、柴田部会長のあいさつのあとプレゼンテーションが行われ、6社の代表が会社概要や自社製品、最新技術などをPRたほか、鳥取市企業立地・支援課の担当者が他市に比べて有利な企業誘致支援制度を紹介しました。

IMG_6269このうち、16年夏から鳥取市河原町内の工業団地で操業を始めた自動車部品製造、㈱イナテック鳥取(本社・愛知県西尾市)の山本一人執行役員は、鳥取市への工場進出の理由として本社工場のリスク分散を挙げ、「高速道路で本社との時間距離が約5時間と短く、鳥取大学や米子高専など優秀な人材の確保が見込めたこと」と話し、新實忠智工場長も「県や鳥取市、教育機関の連携が強く、問題解決への対応も迅速。従業員もまじめで実直な人柄が多い」と評価していました。

2日目は繊維・工作機械製造の大鳥機工㈱と㈱イナテック鳥取の視察が行われました。

両部会では今後も交流を続け、情報交換や交流を通じてビジネスマッチングの機会を探ることにしています。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について