20150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 010 鳥取砂丘コナン空港(鳥取市湖山町西4丁目)の玄関横につくられたラッキョウ畑で6月19日(金)、空港関係職員らが収穫祭を行い、ラッキョウの掘り起こしから根切り、皮むきなどを体験しました。

 同空港のラッキョウ畑は、「鳥取を代表する特産・砂丘ラッキョウを空の玄関口に植えては」という福部らっきょう生産組合長会の提案を受け、鳥取空港ビル㈱が同ビル玄関西側に造成。昨年8月下旬、職員らが植え付け作業を行っていました。

 この日行われた収穫作業には約50人の職員と空港利用客が飛び入り参加。同市福部町の生産農家、香川佐江子さんの指導を受け、掘り起こしや包丁を固定して行う根切り作業、塩水に浸したあとの皮むきに挑戦しました。

 ラッキョウはちょうど食べごろのMサイズに成長しており、収穫された約6キログラムのラッキョウは職員らにプレゼントされました。

 収穫祭を企画した同ビルでは、今年もラッキョウの植え付け作業を行い、空港利用者を楽しませることにしています。

20150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 00120150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 00420150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 02220150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 02620150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 01920150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 03220150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 02320150619鳥取空港ラッキョウ収穫祭 028


会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
環境への取り組み 個人情報の取扱について