20141121東京便800万人突破プレゼント抽選会 002 鳥取―東京便の利用者が800万人を突破したのを記念し、鳥取空港の利用を促進する懇話会(藤縄匡伸会長)が応募を呼び掛けていた「とっとりの特産品プレゼントキャンペーン」の抽選会が11月21日(金)、事務局がある鳥取商工会議所で行われ、100人の当選者が決まりました。

 鳥取―東京便は昭和42年8月1日に初就航し、一時運航を休止したこともありましたが年々利用者も増え、今年9月22日の東京行1102便で800万人を突破しました。

 同空港懇では大台突破を記念して記念式典を行い、800万人目の搭乗者に記念品を贈ったほか、この日から10月31日までの鳥取―東京便利用者を対象に「とっとりの特産品」が当たるプレゼントキャンペーンの応募を受け付けていました。

 有効応募総数は216通あり、同懇話会幹事長の大谷芳徳・鳥取商工会議所専務理事、同幹事の中村晃・鳥取市都市整備部次長が1人ずつ厳正に抽選し、当選者を決定しました。

 賞品はエテ干しカレイや新米、王秋梨、ラッキョウ甘酢漬などが入った特産品セットで、12月5日(金)に発送されます。当選者の発表は賞品の発送をもって代えられます。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について