20140703鳥取空港砂像お披露目式(2014) 018 鳥取市湖山町西4丁目の鳥取空港に第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会のマスコットキャラクター「アートリピー」の砂像が完成し、7月3日(木)午前10時30分から関係者が出席してお披露目式が行われました。

 官民の26団体で組織する鳥取空港の利用を促進する懇話会(会長・藤縄匡伸鳥取商工会議所会頭)が、鳥取空港のにぎわい創出と「砂像のまち・鳥取」をアピールするため、平成22年度から毎年設置しているもので、今年は7月12日(土)から11月3日(月・祝)まで県内各地で開かれる同大会「あいサポート・アートとっとりフェスタ」のマスコットキャラクター「アートリピー」がテーマに選ばれました。

 砂像は砂の美術館スタッフ・石飛健一さんが今月上旬から10日間ほどかけて制作し、20140703鳥取空港砂像お披露目式(2014) 014「アートリピー」と同空港懇のマスコットキャラクターがコラボした可愛らしい砂像が完成しました。

 到着ロビー玄関先の砂像の前で行われたお披露目式では、同懇話会幹事長の大谷芳徳専務理事が「5回目となる今年の砂像はアートリピーで、全国障がい者芸術・文化祭に来られる人たちを温かくお迎えしたい」とあいさつ。大谷幹事長、堀部晴彦・鳥取空港管理事務所長、野口稔浩・鳥取空港ビル㈱専務、石飛氏の4人がテープカットして完成を祝いました。

 砂像は同フェスタが終了する11月3日まで設置され、鳥取空港を飛び立つ人たちの見送りと羽田空港からの来県客を迎えることになっています。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について