鳥取商工会議所観光・交通部会(澤耕司部会長)の運送業小委員会(奥田繁吉委員長)などで組織する運送業界応援プロジェクト実行委員会は6月25日(火)、鳥取市若葉台南2丁目の若葉台小学校で、6年生36人に運送業の魅力を伝える「学校キャラバン隊2019」特別授業を開催しました。

 実行委員会は同小委員会のほか(一社)鳥取県トラック協会や(一社)鳥取県バス協会など6者で構成。各業界が協力し若者や女性向けに魅力発信や業界の役割を伝えることで、労働環境の過酷さや低賃金といった負の業界イメージを払拭することを目的に組織されました。

 澤部会長は、「運送業は人間で例えると血液と同じ無くてはならないもの。各業界の魅力を広く知ってほしい」とあいさつ。日ノ丸西濃運輸㈱の担当者は、「生活の当たり前を運んでいる。お客様からの『ありがとう』や人びとの暮らしを支える仕事に充実感がある」とドライバーのやりがいや魅力を伝えました。 

 生徒からは、「運ぶときに荷崩れしないか」「ずっと運転して疲れないか」など多くの質問が出ました。

 授業の後は、玄関前に置かれたトラックやバス、タクシーに乗車体験。備えられた装備が動く様子を見たり、運転席や荷台に乗るなど、普段できない経験に生徒たちは大興奮でした。

授業会のあいさつをする澤部会長

運転席の説明を受ける児童

車いすを使って乗車体験

若葉台小学校6年生のみなさん、ありがとうございました


会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
環境への取り組み 個人情報の取扱について