観光客へのおもてなし向上を目的とした「観光マイスター」を養成する第14期鳥取市観光大学(学長・藤縄匡伸鳥取商工会議所会頭)の開校式が1月9日(水)、鳥取市本町3丁目の鳥取商工会議所ビルで行われ、タクシードライバーや一般市民24人が入校しました。

 鳥取市と鳥取商工会議所、(一社)鳥取市観光コンベンション協会で組織する観光戦略グランドデザイン推進会議が2005年度から開校しており、昨年度までに452人が観光マイスターの資格を取得しています。

 開校式では、藤縄学長が「観光客に魅力を伝えるためには自身が地元の魅力を理解することが大事。講義を通じて魅力を再発見・再認識し、全員が観光マイスターになってほしい」とあいさつし、受講生を激励しました。

 続いて講師が紹介されたあと、観光タクシー㈲タクシードライバー、竹中淳一郎さんとしゃんしゃん祭振興会職員、小烏舞美さんが受講生を代表して宣誓し、観光マイスターに向けて勉学のスタートを切りました。

 講義はこの日から始まり、外国人観光客への接客やおもてなしを学ぶ座学と、鳥取城跡や鳥取砂丘などを巡る現地研修のあと、筆記・面接試験を受けることになっています。


会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
環境への取り組み 個人情報の取扱について