9月6日(木)、宝塚歌劇とキリンビール神戸工場の視察研修に向けて、総勢23人で鳥取を出発しました。

 視察研修日の直前まで、猛暑、台風、北海道胆振東部地震など、記録的な災害が発生していましたが、当日は曇ってはいたものの、暑くも寒くもない穏やかな天候に恵まれました。

 最初に向かった宝塚大劇場では、1996年の雪組の初演以来、大ヒットを重ね、宝塚を代表する演目の一つとなった「エリザベート」を観劇しました。月組娘役のさよなら公演と重なり、平日にもかかわらず大勢のお客様で、その熱気に圧倒されました。

 「人を惹きつけるものは何なのか?」女性会としても自分自身としても、考えさせられる観劇でした。

 続いて、キリンビール神戸工場に移動。ビールの原料であるホップの香り体験をはじめ、麦芽の試食や、一番搾り麦汁と二番絞り麦汁の飲み比べなど、五感をフルに使う工場見学でした。

 国内ビールメーカー最速の1分間に2000缶(350㍉㍑缶)を製造できる最先端技術を知り、その製造に携わる人たちについても思いを巡らせる工場見学となりました。

 どちらの視察も、これからの鳥取の更なる発展や活性化に向けて、女性会として、どう取り組むことができるのか、どう成長すべきなのか考える視察研修となりました。

 


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について