第33回中国地方商工会議所女性会連合会出雲大会が、7月11日(水)、ラピタウェディングパレス(島根県出雲市)で開催され、45女性会から約250人の会員が集まりました。

 式典では、中商女性連・川口照子会長が「女性会の活動指針を胸に刻み、皆さまとともに歩んでまいりたい」とあいさつされ、続いて出雲商工会議所女性会・亀谷典子会長が「ロマンあふれる出雲の国は住みやすい都市です。笑顔あふれる女性のパワーで地域の活性化に尽くしていきたい」と思いを述べられました。

 記念講演の講師は、松江市在住の医学博士で、『春雨や落雷』の名で落語家としても活動されている安部正之氏。安部氏は年8回東京などの寄席に出演され、いきいき医学講師として年間80回全国各地で講演されています。

 講演の第一部では、「猫の皿」という江戸古典落語をお聞きし、第二部では「笑いと免疫力・・・そして健康」と題し、ご講演いただきました。

 安部氏は「笑うと免疫力(体を病気から守る働き)が高まり、未然に病気を防ぐ力がつく。適度に運動し、バランスのとれた食事・乳酸菌飲料・発酵食品を取り、ストレスを残さないようにすると、血流が良くなり、免疫力を高めることができるが、無心になって大笑いするだけでも血液の循環がよくなり、病気も逃げていく」と説明され、「笑って免疫力を高め、病気に打ち勝ちましょう」と笑いの不思議な力について、落語家として、また笑い療法の先生として面白おかしく話され、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 懇親会のオープニングでは、合唱コンクール金賞常連校の出雲市立第一中学校合唱部の皆さんの透き通るような美しい歌声を堪能しました。

 今回の出雲大会は、西日本豪雨直後の開催だったため、この災害による被害や、交通機関のまひ等により欠席せざるを得ない会員の方も多数おられました。会員一同、一日も早い復興をお祈りします。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について