7月例会を7月5日(木)、鳥取商工会議所で開催しました。

 「商工会議所の経営支援策について」と題し、鳥取商工会議所中小企業相談所・青木博之所長と、中小企業振興部・竹内秀徳次長を講師に招き、商工会議所の多岐にわたる支援の中でも、特に会員の関心が高い人材育成と税務関係の支援策を中心に説明を受けました。

 はじめに、青木所長から人材育成についてお話しいただきました。青木所長は、「人材育成に取り組む企業が直面する課題には、育成方法の企画、必要な人材の検討、研修や講習の目的意識、担当部門の設置、予算の確保などが挙げられる。たとえば、研修方法であれば、社内、社外、自己啓発等への時間や費用の補助、それらの制度設計も必要となるし、研修対象であれば、新入社員、中堅、管理職とキャリアに応じた人材育成が求められる。新入社員研修、コンプライアンス研修、リーダーシップ研修と様々なセミナーを会議所で開催しているので、ぜひ利用してもらいたい」と話されました。

 次に、竹内次長が経営支援について話され、各種共済制度の活用や、金融支援策、補助金の活用等の支援策があることを知りました。そのほか、新規創業、経営改善、事業承継、販路開拓支援策といったさまざまな経営支援策を限られた時間の中でお聴きしました。

 会議所報とともに同封されているセミナーのパンフレットをしっかりチェックし、身近にある情報を活 用したいと思いました。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について