平成30年度鳥取県商工会議所女性会連合会の定期総会と会員交流会が、6月20日(水)西伯郡伯耆町の久米桜酒造で開催されました。

 定期総会では、平成29年度の事業報告と収支決算報告、平成30年度の事業計画と収支予算がそれぞれ原案通り承認されました。

 定期総会と並行して、役員以外の会員は、久米桜酒造の酒蔵とブルワリー(大山Gビール)を見学しました。おいしい大山の伏流水と米で手作りされ、こだわりにこだわってできあがった日本酒と大山Gビール。飲んだ人が感動し、感動の先に大山の風景が見える」という作り手の強い思いを感じました。

 会員交流会では、県商女性連・浜村会長のあいさつに始まり、開催地の米子商工会議所女性会・野津会長に続いて、来賓の米子商工会議所・坂口清太郎会頭のあいさつがありました。

 浜村会長は、鳥取商工会議所女性会会員2名の創業の成功事例を挙げ、「女性の働き方の中で、何かを始めようと考えているのであれば、一歩踏み出す勇気が大切。ここにいる皆さんは、勇気ある女性の後押しをしてほしい」と話しました。

 続いて、各商工会議所女性会の平成29年度活動報告があり、午後から大山町の圓流院を訪ねました。

 大館宏雄住職から、開山1300年の大山が、今に至るまでの説明を受け、大山のご本尊はお地蔵様であることを知りました。「自分に足りないものがあれば、大山に来れば(お地蔵様が)全部与えてくれる」これを『調う』と表現するそうです。私たちは、大山の恵みを頂いて生活ができていることに感謝ですね。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について