鳥取市と経済団体などによる鳥取市地方創生・地域経済対策協議会が1月31日(水)、鳥取市尚徳町の鳥取市役所本庁舎で開かれ、市が策定を進めている「鳥取市経済成長プラン」の案について意見交換しました。

 鳥取市では地域経済を取り巻く環境の変化に対応するため、2008年に策定した「鳥取市経済活性化戦略」を皮切りに、これまで3度にわたって経済振興、雇用創造について指針をまとめてきました。

 今回の経済成長プランは今年4月に中核市に移行するのを機に策定することにしたもので、昨年7月から各種の会議を通じて出された意見を基に案をまとめ、2月28日(水)までの予定で市民から政策コメントを求めています。

 協議会には、鳥取市側から深澤義彦市長をはじめ関係部署の幹部職員が出席。経済団体からは鳥取商工会議所の藤縄匡伸会頭、中谷浩輔副会頭、英義人副会頭、安田晴雄副会頭のほか、県中小企業団体中央会の谷口譲二会長など14人が出席しました。

 会議では①経営基盤の強化・付加価値の向上②販路・取引の拡大③人材育成・労働力の確保④起業・創業及び事業承継の推進⑤産学金官連携・農商工連携―を柱とする成長プランの案が説明され、出席者からは「企業誘致は必要だが、地元企業にプラスになるような企業の誘致を」「労働生産性を上げることが大事で、ITの活用について鳥取市として方向性を強く打ち出してほしい」「商店街は事業承継と業種転換が大きな課題。これに対する支援の目を向けてほしい」「インバウンド対策のことも考え、観光に関する施策をもっと打ち出すべきだ」など、活発な意見が出されました。

 鳥取市ではこうした意見も反映させながら4月の策定を目指すことにしています。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について