2018年の年明けを祝う鳥取商工会議所の新年祝賀会と叙勲・褒章受章者祝賀会が1月5日(金)、鳥取市今町2丁目のホテルニューオータニ鳥取で開かれました。景気の拡大基調を反映して株価が26年ぶりに2万3000円台を突破する中、出席者らは「鳥取の元気、会員の元気」を合言葉に労働生産性の向上による地域産業の発展を誓い合っていました。

 祝賀会には藤縄匡伸会頭ら役員、議員、常任相談役をはじめ、舞立昇治参議院議員、平井伸治知事、深澤義彦鳥取市長ら来賓も含めて約150人が出席しました。

 国歌斉唱のあとあいさつに立った藤縄会頭は「政策提言、中小企業の体力強化、地域経済の活性化という商工会議所のミッションを踏まえ、鳥取の元気、会員の元気という旗印を継続し、煮えたら食わあからの脱却と労働生産性の向上に引き続き取り組んでいきたい」と抱負を述べ、7つのプロジェクトのうち残る4プロジェクトの実現に力を入れる考えを示しました。

 続いて昨年春の叙勲で旭日双光章(不動産業振興功労)を受章した松永商事㈲代表取締役・壹岐昇一氏と、秋の叙勲で旭日双光章(労働行政功労)を受章したリバードコーポレーション㈱常務取締役・川口眞佐子氏が紹介され、藤縄会頭から記念品が贈られました。

 会場は例年になく和やかな雰囲気に包まれ、出席者らは名刺交換をしながら今年1年の飛躍に向けて気を引き締めていました。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について