鳥取商工会議所は10月26日(木)、海外に生産・販売拠点を持つ企業や進出を検討している企業を対象に危機管理セミナーを開きました。

 県内企業の中にも東南アジアなどに進出する企業が増えていることから、事業展開するうえでのリスク対策を学ぶため企画したもので、長年、海外への進出企業のリスクマネジメントを担当している東京海上日動リスクコンサルティング㈱の宮﨑玲子氏を講師に招きました。

 日本在外企業協会認定の海外安全・危機管理者の肩書を持つ宮﨑氏は「海外進出で押さえておきたいポイントを学ぶ」をテーマに、世界各地で頻発している事故や犯罪、テロ、自然災害、感染症などを取り上げ、「今、安全と言える国はない。展開先の国の文化や歴史の背景をよく知り、リスクに対する普段からの意識付けが重要」と指摘。「自分の会社に影響がありそうなリスクを洗い出し、どういうリスクにどういうマネジメントをしていくか、経営者がまず方針を決めること。そのうえでリスクマネジメントを担当する部署を設置し、海外拠点で働く従業員や家族の人命、財産の損失を最小限にとどめる対策を考えておくこと」とアドバイスしました。

 セミナーには実際に海外に拠点を持つ企業の経営者や担当者も参加し、他人事ではない実際のリスク事例に真剣に耳を傾けていました。

 

 

 


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について