鳥取市では、平成18年の「中心市街地の活性化に関する法律」の改正を契機に、平成19年度から「鳥取市中心市街地活性化基本計画」を策定し、山陰では最初となる国(内閣総理大臣)の認定を受け、国の支援を受けながら各種取り組みを推進してきました。 現在、「第2期鳥取市中心市街地活性化基本計画」(計画期間:平成25年度~平成29年度)に基づき、「街なか居住の推進」「賑わいの創出」を基本方針として各種事業を実施しており今年度で計画期間の満了を迎えますが、社会情勢の変化とともに新たな課題として、少子高齢化への対応や、交流人口を拡大し経済活力を向上させる必要が生じています。また、今後5年間においては、中核市への移行や連携中枢都市圏の形成を進めるなど新たな変化が生じることが予定されています。

 これらの課題や変化に対応するため、新たな方向性のもとで中心市街地の活性化を引き続き推進するため「第3期鳥取市中心市街地活性化基本計画」を策定し、取り組みを進めていきます。

つきましては、こちらをご覧いただき、ご意見をお聞かせいただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について