20170824鳥取市農林水産業活性化協議会 010 農林水産業団体と商工団体による鳥取市農林水産業活性化協議会が8月24日(木)、設立されました。6次産業化を推進する鳥取商工会議所も参画し、情報共有を図りながら農林水産業と商工業の振興を目指すことにしています。

 鳥取市は1988(昭和63)年に農林業対策協議会を立ち上げ、農林業の問題点などを整理しながら振興策を探ってきましたが、生産者が加工して販売する6次産業化の動きが活発になってきたことから畜産業や水産業、商工業の団体も加えて組織替えすることにしたものです。

 鳥取市本町3丁目の鳥取商工会議所ビルで開かれた協議会には、深澤義彦市長や農業、林業、水産業、畜産業の関係者とともに鳥取商工会議所の藤縄匡伸会頭も出席。会長に深澤市長を選出したほか、定例会での情報交換をもとに農商工連携によるスマート農業の普及、移住・定住の促進、観光メニューの開発、食品ロスの削減、担い手育成、特産品育成などについて作業部会で検討することを決めました。

 会議では藤縄会頭が「鳥取商工会議所も鳥取の元気に向けて農商工連携に取り組んできたが、商工会議所が望んでいる連携がこの協議会を通じてできることを期待している」と話し、県内で生産される素材の加工、販売にも協力して取り組む考えを示しました。

 


ふるさととっとり移住・起業セミナー

「ふるさととっとり移住・起業セミナー」のご案内

ふるさととっとり創業スクール事業

会議所への入会

キメ細かい経営指導から融資資金のお世話まで。商工会議所機能をご活用ください。

案内・特典を見る
鳥取空港の利用を促進する
懇話会
鳥取県
地域ジョブ・カードセンター
環境への取り組み 個人情報の取扱について